バブル景気とFXの関係とは何か?


sdfwjklerr 1980年代の後半から1990年代の初めまで、日本中を沸き立たせたのがバブル景気です。インフレで物価は上昇しますが、消費者の所得も年々上がっていたため、物価高などまるで気にかけずイケイケで突っ走る。何でも飛ぶように売れ、企業は最高益を更新し、社員の給料も上がる。

このループを猛スピードで繰り返し、当時の日本は空前の好景気に沸きました。しかし、こんな好景気がどうして生まれたのか、理解している人はほとんどいません。あの異常なバブルの生まれたわけを知りたくありませんか?

バブル景気のきっかけになったのは、1985年に発表されたプラザ合意と言われています。プラザ合意というのは、先進5カ国による為替レート安定化に関する合意です。

おおまかに言えば、アメリカの貿易収支不均衡の解消のために、各国が協調してドル安を是認するというもの。要するに、ドルの価値を意図的に落とそうとしたわけです。このアメリカの政策は狙いどおりの効果を上げ、発表の24時間後にはドル円レートは約20円も下落しました。

この合意の1年後にはドルの価値はほぼ半減し、1ドル=約240円だったのが、120円台で取引されるようになったほどです。逆に言えば、米ドルに対する円の価値が倍増したということになります。この急激な円高によって輸出産業は打撃をこうむり、円高不況が懸念されました。これに対して1986年、日本銀行は公定歩合を引き下げました。

つまり、金融緩和政策を行なって、市中にマネーが流れやすい状況を作り出し、景気を浮揚させようとしたわけです。低金利で借りられるお金がだぶついたことで、日本国内では投機ブームが発生しました。企業でも個人でも、低金利で借りたお金を株式や不動産への投機につぎ込んだのです。投機的な資金の流入により、それらの価格はうなぎ上りに上昇しました。

とりわけ地価は、「不動産価格は必ず上昇する」という土地神話が生まれるほど年々上昇しました。土地ころがしで巨額の利益を得た会社、株式の騰貴により資産価値が上昇した会社が現れ、そういう会社の社員の給料も上がりました。個人でも土地長者や株式長者が次々と現れました。

消費者の所得に余裕ができれば、消費も増大します。好景気にともなって物価も高騰していきますが、所得の上昇ペースが速いため、消費者は強気でモノやサービスを買い込みます。モノやサービスが飛ぶように売れて企業はますます潤い、それにつれて社員たちも裕福になっていく。

・・・・・・こんなわけで、ループがぐるぐる回って史上空前の好景気が続いたのです。

初心者でもOK

金融取引として、初心者でも簡単に入り込めるものとしては、FXトレードがあります。こういった為替トレードは単純に上がるか下がるかを予想して外貨を買うものとなっています。

予想が当たるために精度を上げるためにはテクニカル分析などを駆使することで、多少なりとも勝率などが上がるものとなっています。また、トレードを有利に行うためにも、有利な業者を利用するのも良いです。重要しするものとしては、スプレッドやスワップポイントなどが重要になります。

リンクメニュー