シストレのプラットフォームって?


sdhjkfwerr ミラートレーダー

トレーデンシー社が開発提供しているプラットフォームです。このプラットフォームの登場が、シストレを初心者にも身近な存在にしました。

トレーデンシー社が前もってほとんどのストラテジーを揃えていますので、ユーザーはその中から選択するだけでシストレの運用を始められます。用意される選択肢には、プロの手で作成され、トレーデンシー社が世界中から選りすぐった優秀なストラテジーが数多く含まれています。

そういうわけで、FX業者の多くがミラートレーダーを採用しています。現時点で最もメジャーなプラットフォームとして、FXを始めたばかりの初心者にもおすすめできます。取扱業者の主なものとしては、セントラル短資FXの「セントラルミラートレーダー」、インヴァスト証券の「シストレ24」ほかにも多々あります。

MetaTrader 4

従来はこのMetaTrader 4(通称:MT4)が、シストレの代名詞的存在でした。今なおメジャーなプラットフォームのひとつですが、選択型ではなく開発型のプラットフォームという性格なため、相当自由にカスタマイズできる、比較的上級者に向いたプラットフォームです。売買プログラムはプラットフォームに含まれていないので、売買プログラムを自作するか、別のところから売買プログラムを調達してくる必要があります。

為替バカも昔に使用していた時期があり、自力で売買プログラムを作成した経験もありますが、売買プログラムを作成するだけで大仕事でした。さらに勝てる売買プログラムを作ろうとすれば、相当の手間暇と根気をつぎこむ必要があるので、中途半端な気持ちで手を出すとやけどします。

売買プログラムの作成がゴールではないので、初心者のあいだは優れた売買プログラムが前もって用意されている選択型のプラットフォームの利用をオススメします。

それ以外のプラットフォーム

独自開発のプラットフォームを採用する業者も少数ですが存在しますので名前を挙げておきます。独自プラットフォームとして名前が通っているのが、ハイローオーストラリアまたは、老舗のような存在のひまわり証券のエコトレFXです。

ここは自己資本規制比率の低い業者でオススメはできませんし、為替バカも使用経験はありませんが、初期のころから選択型のシストレを提供してきた選択型のパイオニア的存在です。次にシストレの型とプラットフォームの話題を前提にして、シストレ業者の選択法について述べます。

初心者でもOK

金融取引として、初心者でも簡単に入り込めるものとしては、FXトレードがあります。こういった為替トレードは単純に上がるか下がるかを予想して外貨を買うものとなっています。

予想が当たるために精度を上げるためにはテクニカル分析などを駆使することで、多少なりとも勝率などが上がるものとなっています。また、トレードを有利に行うためにも、有利な業者を利用するのも良いです。重要しするものとしては、スプレッドやスワップポイントなどが重要になります。

リンクメニュー